芸能人・経営者のおくやみ情報

竹中郁 氏(たけなかいく)

詩人[日本]

1982年 3月7日 死去享年79歳

 - ウィキペディアより引用

竹中 郁(たけなか いく、1904年4月1日 - 1982年3月7日)は、日本の詩人。
本名、育三郎。
兵庫県神戸市兵庫区出身。
生家は裕福な問屋で、1歳の時紡績用品商の竹中家へ養子に出された。
神戸二中、関西学院大学文学部英文学科卒。
画家の小磯良平は二中の同級生で、生涯交友が続いた。
小磯の卒業制作作品「彼の休息」は竹中がモデルをつとめている。
中学時代より北原白秋に傾倒し、「近代風景」「詩と音楽」などの白秋主宰の雑誌で詩人としての履歴をスタートした。
24年には北川冬彦、安西冬衛らの「亜」のグループと交流をもちモダニズムのスタイルの影響をうける。
25年第一詩集「黄蜂と花粉」を発表。
24-26年ヨーロッパ留学。
26年に近藤東らの慫慂により「詩と詩論」に参加。
32年刊行の詩集「象牙海岸」中の「ラグビイ」は当時流行したシネポエムのスタイルをとり、モダニズム詩の代表的成果の一つと評価されている。
しかしモダニズム的都会趣味の芯には常に洗練された抒情があり、モダニズム詩のフォルマリズム的傾向とは一線を画した。

関連作品