芸能人・経営者のおくやみ情報

マックス・プランクMax Karl Ernst Ludwig Planck

物理学者[ドイツ]

1947年 10月4日 死去享年90歳

 - ウィキペディアより引用

マックス・カール・エルンスト・ルートヴィヒ・プランク(Max Karl Ernst Ludwig Planck, 1858年4月23日 - 1947年10月4日)は、ドイツの物理学者である。
黒体放射を説明するプランクの法則を発見し、そこから ϵ = h ν {\displaystyle \epsilon =h\nu } で表わされるエネルギーの量子仮説を見出したことにより、量子論の創始者の一人となった。
この過程で得られた光の最小単位に関する定数hはプランク定数と名づけられ、物理学における基礎定数の一つとなった。
これらの功績により1918年にノーベル物理学賞を受賞した。
「量子論の父」とも呼ばれている。
科学の方法論に関して、エルンスト・マッハらの実証主義に対し、実在論的立場から激しい論争を繰り広げた。

関連作品