芸能人・経営者のおくやみ情報

ヴィルヘルム・ヴェーバーWilhelm Eduard Weber

物理学者[ドイツ]

1891年 6月23日 死去享年88歳

ヴィルヘルム・エドゥアルト・ヴェーバー(Wilhelm Eduard Weber、1804年10月24日 - 1891年6月23日)は、ドイツの物理学者。
電気や磁気の精密な測定器具を製作して電磁気学の形成に貢献したほか、ガウスとともに電磁気の単位系の統一に努力し磁束のSI単位「ウェーバ」に名を残している。
また、電気が荷電粒子の流れであるということを最初に主張した人物でもある。
生理学者のエルンスト・ヴェーバーは兄、エドゥアルト・ヴェーバーは弟。

「ヴィルヘルム・ヴェーバー」と関連する故人