芸能人・経営者のおくやみ情報

エルンスト・ヴェーバーErnst Heinrich Weber

生理学者、解剖学者[ドイツ]

1878年 1月26日 死去享年74歳

 - ウィキペディアより引用

エルンスト・ハインリヒ・ヴェーバー(Ernst Heinrich Weber、1795年6月24日 - 1878年1月26日)は、ドイツの生理学者、解剖学者。
重量や温度などの感覚を実験的に研究し、刺激強度と感覚の増分の関係を発見した。
これは後に弟子のグスタフ・フェヒナーによって定式化され、ウェーバーの法則と名付けられた。
物理学者のヴィルヘルム・ヴェーバー、生理学者のエドゥアルト・ヴェーバーらは弟。

関連作品

「エルンスト・ヴェーバー」と関連する故人