芸能人・経営者のおくやみ情報

ヨハネス・シュタルクJohannes Stark

物理学者、反ユダヤ主義者[西ドイツ]

1957年 6月21日 死去享年82歳

ヨハネス・シュタルク(Johannes Stark、1874年4月15日 - 1957年6月21日)は、ドイツの、バイエルン公国シッケンホーフ(現・フライフンク)生まれの物理学者。
シュタルク効果の提唱者。
ナチスによる政権掌握後は、フィリップ・レーナルトと共に反ユダヤ主義の観点から「ドイツ物理学」を提唱し、アルベルト・アインシュタインの相対性理論を「ユダヤ物理学」と呼んで唾棄した。
この事が原因となり、第二次世界大戦後の1947年に非ナチ化法廷により4年の禁固刑に処せられた。

ヨハネス・シュタルクが亡くなってから、64年と162日が経過しました。(23538日)