芸能人・経営者のおくやみ情報

緒方貞子 氏(おがたさだこ)

国際政治学者、元 国連難民高等弁務官[日本]

2019年 10月22日 死去享年93歳

緒方貞子 - ウィキペディアより引用

緒方 貞子(おがた さだこ、1927年9月16日 - )は、日本の国際政治学者。
学位は、政治学博士(カリフォルニア大学バークレー校)。
上智大学名誉教授。
独立行政法人国際協力機構理事長、国連人権委員会日本政府代表、国連難民高等弁務官、アフガニスタン支援政府特別代表を歴任。
また日本における模擬国連活動の創始者でもある。
生い立ち 1927年9月16日、東京府東京市麻布区(現東京都港区)に外交官・元フィンランド特命全権公使の中村豊一・恒子夫妻の長女として生まれる。
命名は犬養毅による。
父の転勤で幼少期をアメリカ・サンフランシスコ、中国・広東省、香港などで過ごす。
小学校5年生の時に日本に戻り、聖心女子学院に転入、聖心女子大学文学部英文科(現:英語英文学科英語英文学専攻)を卒業。
その後、父の勧めでジョージタウン大学およびカリフォルニア大学バークレー校の大学院で学び、政治学の博士号を取得した。
研究活動 国際基督教大学准教授教授を歴任する。
在籍中は上智大学国際関係研究所長や外国語学部長などを務め、また模擬国連団体として初めて組織化された「模擬国連実行委員会」の顧問として、発足に携わった。

映像作品

関連書籍

おがたさだこ [生]1927.9.16.東京国際政治学者。1951年聖心女子大学を卒業後,アメリカ合衆国のジョージタウン大学で国際関係論の修士号,カリフォルニア大学バークリー校で政治学博士号を取得する。1974年国際基督教大学準教授に就任。1976年女性として日本初となる国際連合日本政府代表部の女性国連公使となり,国連総会の日本代表,国連日本代表部特命全権公使を歴任,1981年からは上智大学教授を務める。また,国連児童基金執行理事会議長をはじめ,日本政府派遣のカンボジア難民実情視察団団長として現地入りしたり,国連人権委員会(→人権理事会)の日本政府代表としてミャンマーの人権状況の実施調査を行なうなど,人道的活動に情熱を傾ける。1991年から2000年末まで第8代国連難民高等弁務官(→国連難民高等弁務官事務所)。2001年アフガニスタン支援首相特別代表に就任,アフガニスタン復興支援国際会議で共同議長を務める。2003年国際協力機構JICA理事長就任,2012年退任してJICA特別顧問となる。1994年読売国際協力賞,1996年ユネスコ平和賞,1997年マグサイサイ賞,2001年ドイツ功労勲章大功労十字星章など受賞・受章多数。2001年には文化功労者に選ばれ,2003年文化勲章受章。著書に『満州事変と政策の形成過程』(1966),『戦後日中・米中関係』(1992),『難民つくらぬ世界へ』(1996),『紛争と難民緒方貞子の回想』(2006)などがある。 (引用元 コトバンク)