芸能人・経営者のおくやみ情報

スタンリー・キューブリック 氏Stanley Kubrick

映画監督[アメリカ]

1999年 3月7日 死去享年72歳

 - ウィキペディアより引用

スタンリー・キューブリック(英語: Stanley Kubrick, 1928年7月26日 - 1999年3月7日)は、アメリカ合衆国の映画監督、脚本家、プロデューサーである。
写真雑誌『ルック』のカメラマンとして働いたのち、短編ドキュメンタリー映画を自主製作し、長編第1作の『恐怖と欲望』で本格的に映画監督としてデビューした。
1960年代以降はイギリスに活動の場を移し、ハリウッド資本で『博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか』『2001年宇宙の旅』『時計じかけのオレンジ』『シャイニング』などを発表した。
商業性が重視されるハリウッドの映画監督でありながら、多様なジャンルで芸術性の高い革新的な映画を作り、映画史における最も偉大で影響力のある映画製作者の一人として度々言及されている。
監督だけでなく脚本、撮影、編集、製作までも一人でこなす作家的姿勢、独自のリアリズム、ブラックユーモア、ユニークな撮影手法、シャープな映像感覚、大規模な舞台装置、そして刺激的な音楽手法で知られる。

関連作品

スタンリー・キューブリックさんが亡くなってから、22年と275日が経ちました。(8311日)