芸能人・経営者のおくやみ情報

ダイアン・アーバスDiane Arbus

写真家[アメリカ]

1971年 7月26日 死去自殺享年49歳

ダイアン・アーバス(Diane Arbus, 1923年3月14日 - 1971年7月26日)は、アメリカの写真家。
旧姓はネメロフ(Nemerov)。
彼女のファーストネームは ディアン と発音されていた。
ニューヨーク州ニューヨークにてユダヤ系の家庭に生まれ、1940年代から主としてファッション写真をこなし、18歳で結婚した夫アラン・アーバスとともに、『ヴォーグ』、『ハーパース・バザー』、『エスクァイア』などの雑誌で活躍する。
『ルック』では、後に世界的映画監督となるスタンリー・キューブリックの先輩として、キューブリックを指導した。
その後、フリークス(肉体的、精神的な障害者、肉体的、精神的に他者と著しく違いがある者、他者と著しく異なる嗜好を持つ者など)に惹かれ、次第に心のバランスを崩し、ニューヨークの自宅アパートのバスタブで自ら両手首を切って自殺した。
享年48。
彼女の死後、キューブリックは、シャイニングで彼女の作品のオマージュを捧げた。

関連作品

「ダイアン・アーバス」と関連する故人