芸能人・経営者のおくやみ情報

萱野茂 氏(かやのしげる)

アイヌ文化研究者、元政治家[日本]

(アイヌ初の国会議員となる。)

2006年 5月6日 死去享年81歳

萱野 茂(かやの しげる、1926年6月15日 - 2006年5月6日)は、日本のアイヌ文化研究者、政治家。
アイヌ文化、アイヌ語の保存・継承のために活動を続けた。
アイヌ初の国会議員(1994年から1998年まで参議院議員)。
息子の萱野志朗は、萱野茂二風谷アイヌ資料館館長、世界先住民族ネットワーク・AINU代表、FMピパウシ運営者、世界先住民族サミット2008の実行委員会最高責任者。
人物・略歴 [編集] 1926年、 北海道沙流郡平取町二風谷に生まれた。
当時、アイヌ語を自在に操れる話者は少なくなっていたが、アイヌ語を母語とする祖母に育てられたため、2つの言語を母語として身につけた。
青年期はアイヌであることから逃避するために出稼ぎに出て、炭焼きや測量士などで生計を立てる。
1953年、研究者や収集家による民具の流出に心を痛め、アイヌの民具、民話を自ら収集・記録し始める。
のちに二風谷アイヌ資料館を創設し、館長を務めた。
50年かけて集めた1121点はのちに重要有形民俗文化財の指定を受けた。
「日本にも大和民族以外の民族がいることを知って欲しい」という理由で、委員会において史上初のアイヌ語による質問を行ったことでも知られる。
1980年代から1990年代にかけては、アイヌ差別の反動として、アイヌが「自然と共生し、平等で、静かに平和に暮らしていた」という見方が広がったが、これは萱野らが「チャランケ(談判)でものごとを決し、戦わなかった」と発言したこ ……

推定関連画像

萱野茂さんが亡くなってから、18年と75日が経ちました。(6650日)