芸能人・経営者のおくやみ情報

矢島信男 氏(やじまのぶお)

特撮監督[日本]

(「人造人間キカイダー」「魔界転生」「里見八犬伝」などを手掛けた。)

2019年 11月28日 死去享年92歳

矢島 信男(やじま のぶお、1928年7月24日 - )は、日本の特撮監督。
埼玉県大宮市(現:さいたま市)出身。
特撮研究所会長。
松竹に入社 1949年に東京物理学校理化学科を卒業し、松竹へと入社。
大船撮影所に配属される。
新入当時は編集から現像、果ては直営館(浅草松竹)の窓口で切符のモギリに到るまで興行の流れを一通り体験した事が、後々のコスト感覚に優れた演出への貴重な礎となって行く。
早くから劇場映画のカラー化に興味を持っていた事と、ジョン・フォード監督の『ハリケーン』という作品を観た事から特殊技術にも興味を持ち始め、松竹大船撮影所の特殊技術課において撮影監督を務めていた、川上景司への師事を選択する。
日仏合作映画の『忘れ得ぬ慕情』では助監督・キャメラ・合成を担当。
同作で知り合ったフランスの編集マンを通じて編集作業に興味を抱くようになる。
松竹には敗戦後の公職追放によって東宝を離れていた円谷英二が顧問として在籍しており、帰路が同じだったこともあり、話を聞かせてもらう機会も多かったという。

映像作品

関連書籍