芸能人・経営者のおくやみ情報

彭城百川(さかきひゃくせん)

画家俳人[日本]

(宝暦2年8月25日没)

1752年 10月2日 死去享年56歳

 - ウィキペディアより引用

彭城 百川(さかき ひゃくせん、元禄10年10月28日(1697年12月11日) - 宝暦2年8月25日(1752年10月2日))は、江戸時代中期の南画家。
服部南郭、祇園南海、柳沢淇園とともに日本南画の祖であり、日本で初めて本格的な中国南宗画様式による山水画を描いた画家とされる。
画人として法橋に叙されている。
また俳人としても活躍した。

関連作品