芸能人・経営者のおくやみ情報

高芙蓉(こうふよう)

儒学者、篆刻家、画家[日本]

(天明4年4月26日没)

1784年 6月13日 死去享年63歳

高 芙蓉(こう ふよう、享保7年3月15日(1722年4月30日) - 天明4年4月26日(1784年6月13日))は、江戸時代中期の儒学者、篆刻家、画家である。
日本における印章制度を確立して印聖と讚えられる。
苗字の高は出身地の甲斐国「高梨郡」(後述)に因んで自ら名乗ったもので、本来は大嶋である。
名は孟彪(もうひゅう)、字を孺皮(じゅひ)、号は芙蓉、その他に三嶽道者、中嶽画史、氷壑山人、富岻山房など。
室名は菡萏居(かんたんきょ)。
本姓が源であることから、源孟彪と称することもあった。
通称を大嶋逸記(いつき)、近藤斎宮(いつき)と称した。

関連作品

  • タイトル
    高芙蓉の篆刻
    種別
    単行本
    著者
    • 神野雄二
    出版社
    木耳社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥3,485
    中古商品
    ¥3,485より
  • タイトル
    社会学概论
    種別
    ペーパーバック
    著者
    • 高芙蓉主编
    出版社
    经济科学出版社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥4,030
    中古商品

高芙蓉が亡くなってから、237年と171日が経過しました。(86735日)