芸能人・経営者のおくやみ情報

安田靫彦 氏(やすだゆきひこ)

日本画家[日本]

1978年 4月29日 死去享年94歳

安田靫彦 - ウィキペディアより引用

安田 靫彦(やすだ ゆきひこ、本名:安田 新三郎、1884年(明治17年)2月16日 - 1978年(昭和53年)4月29日)は、大正~昭和期の日本画家、能書家。
東京府出身。
靫彦は前田青邨と並ぶ歴史画の大家で、青邨とともに焼損した法隆寺金堂壁画の模写にも携わった。
「飛鳥の春の額田王」「黎明富士」「窓」はそれぞれ1981年、1986年、1996年に切手に用いられた。
良寛の書の研究家としても知られ、良寛の生地新潟県出雲崎町に良寛堂を設計した。
また靫彦自らも皇居新宮殿千草の間に書、『万葉の秀歌』を揮毫した。
靫彦は1884年、東京日本橋の料亭「百尺」の四男として生まれた。
1897年、帝室博物館で法隆寺金堂壁画等の模写を見、日本絵画協会絵画共進会にて横山大観、菱田春草、小堀鞆音らの作品に感動し、画業を決意した。
1898年より小堀鞆音に師事する。
青邨らと共に紫紅会(後、偶々同じ「紫紅」を名乗っていた今村紫紅も参加し紅児会)を結成、東京美術学校に進むも中退した。

明治期から昭和期まで現役だった日本画家。1884−1978。歴史画が得意なジャンルで、日本画の画壇を主導した。 文化勲章受章者。 (引用元 Hatena Keyword)