芸能人・経営者のおくやみ情報

田能村直入(たのむらちょくにゅう)

画家[日本]

1907年 1月21日 死去享年95歳

田能村 直入(たのむら ちょくにゅう、文化11年2月10日(1814年3月31日) - 明治40年(1907年)1月21日)は、幕末から明治時代にかけて活躍した日本画家。
日本最後期の文人画家として知られる。
田能村竹田の養継子。
幼名は、はじめ松太、のち傳太。
諱は、はじめ蓼、のち痴。
字は、はじめ虚紅、のち顧絶。
号は、はじめ小虎、のち直入。
通称は小虎とした。
別号に竹翁、忘斎、煌斎、芋仙、布袋庵、無声詩客などがある。
豊後直入郡竹田町(現在の大分県竹田市)生まれ。

関連作品

田能村直入が亡くなってから、114年と313日が経過しました。(41952日)