芸能人・経営者のおくやみ情報

坂本繁二郎 氏(さかもとはんじろう)

画家[日本]

1969年 7月14日 死去享年88歳

 - ウィキペディアより引用

坂本 繁二郎(さかもと はんじろう、 1882年3月2日 - 1969年7月14日)は、明治後期~昭和期の洋画家である。
1882年(明治15年)、福岡県久留米市に生まれる。
同じ年、同じ久留米に生まれた画家の青木繁がいる。
坂本は10歳になると、地元久留米在住の画家・森三美に師事して絵を学んだ。
高等小学校に上がる頃には、絵の腕前は相当なもので、「神童」と持てはやされたという。
坂本の父・金三郎は久留米藩の中級武士であったが、坂本が4歳の時に死去していた。
金三郎の長男で、やがて家長となるべき長兄・麟太郎が京都の第三高等学校に進学したため、二男の繁二郎は進学をあきらめざるをえず、高等小学校卒業後、5年ほどはもっぱら画作に時を過ごした。
前述の森三美は久留米高等小学校の図画教師をしていたが、他校へ転任するにあたり坂本を自分の後任として指名した。
その結果、坂本は1900年(明治33年)、母校の図画代用教員となった。
その頃、ライバルの青木繁は東京で絵の勉強をしていたが、1902年(明治35年)、徴兵検査のため、郷里に戻ってきた。

関連作品