芸能人・経営者のおくやみ情報

藤原鎌足(ふじわらかまたり)

飛鳥時代の豪族[日本]

(ユリウス暦) 0669年 11月14日 死去

 - ウィキペディアより引用

中臣 鎌足(なかとみ の かまたり)のち藤原 鎌足(ふじわら の かまたり)は、飛鳥時代の政治家。
日本の歴史における最大氏族「藤原氏」の始祖。
大化の改新の中心人物であり、改新後も中大兄皇子(天智天皇)の腹心として活躍し、藤原氏繁栄の礎を築いた。
『藤氏家伝』には「偉雅、風姿特秀」と記されている。
字は仲郎。
元々は中臣氏の一族で初期の頃には中臣 鎌子(なかとみ の かまこ)と名乗っていた(欽明天皇朝で物部尾輿と共に排仏を行った中臣鎌子とは別人)。
その後中臣 鎌足(なかとみ の かまたり)に改名。
そして臨終に際して大織冠とともに藤原姓を賜った。
つまり、生きていた頃の彼を指す場合は「中臣鎌足」を用い、「藤原氏の祖」として彼を指す場合には「藤原鎌足」を用いる。
出生地は大和国高市郡藤原(奈良県橿原市) 『藤氏家伝』。
藤原という姓も出生地の地名から取られたものである。
大原(現在の奈良県明日香村)や常陸国鹿島(茨城県鹿嶋市)とする説(『大鏡』)もある。

関連作品