芸能人・経営者のおくやみ情報

長谷川慶太郎 氏(はせがわけいたろう)

経済評論家[日本]

2019年 9月3日 死去心不全享年93歳

長谷川 慶太郎(はせがわ けいたろう、1927年11月29日 - )は、日本の経済評論家。
主な評論の対象は時事の経済評論の他、国内政治評論、国際政治、国際経済、軍事関係等である。
国際経済・政治評論に製鉄・金属加工の切り口からの分析を加えている。
日本個人投資家協会理事長。
京都府出身。
茨木中学校、大阪高等学校を経て大阪大学工学部冶金学科に入学、1953年卒業。
日本共産党に入党、志賀義雄衆議院議員秘書。
1955年から1963年まで産業新聞社記者を経て、1963年に経済評論家として独立し、証券アナリスト業、評論家業を営み、著述や朝の情報番組へのテレビ出演なども行う。
80歳を超えた現在でも積極的に出版・講演活動を行い、自分とコンサルティング契約を結んだ金融関連企業などでの発言を続けている。
長年続けている活動として、週1回発刊の長谷川慶太郎ニューズレター、証券会社向けの週報がある。
著書『さよならアジア』では、韓国を除くアジア諸国との決別を唱えた。
評価 砂川事件の後、方針について行けず転向しているが、党員時代の人脈から1968年にブルガリアの共産党から招かれ、3ヶ月にわたり生産設備に対する指導・助言を求められている。

はせがわ-けいたろう 1927-昭和後期-平成時代のエコノミスト。昭和2年11月29日生まれ。業界紙記者,証券アナリストをへて,昭和38年評論活動にはいる。石油危機や共産圏経済の落ち込みの予測で注目され,以来,市場経済と技術革新をふまえ,世界経済の分析にあたる。京都出身。阪大卒。著作に「日本はこう変わる」「大分水嶺―「第二の戦後」をどう乗り超えるか」「日本は「環境力」で勝つ」など。 (引用元 コトバンク)

「長谷川慶太郎」と関連する人物(故人)