芸能人・経営者のおくやみ情報

マルセル・デュシャンMarcel Duchamp

画家[フランス]

1968年 10月2日 死去享年82歳

 - ウィキペディアより引用

マルセル・デュシャン(Marcel Duchamp、1887年7月28日 - 1968年10月2日)は、フランス生まれの美術家。
20世紀美術に決定的な影響を残した。
画家として出発したが、油彩画の制作は1910年代前半に放棄した。
チェスの名手としても知られた。
ローズ・セラヴィ(Rrose Sélavy)という名義を使ったこともある。
2人の兄、ジャック・ヴィヨン(Jacques Villon, 1875年 - 1963年)とレイモン・デュシャン=ヴィヨン(Raymond Duchamp-Villon, 1876年 - 1919年)も美術家。
1955年、アメリカ国籍を取得した。
近年の研究では、代表作の『噴水(泉)』を含む多くのデュシャン作品は、ドイツの前衛でダダイストの芸術家・詩人の女性、エルザ・フォン・フライターク=ローリングホーフェン(Elsa von Freytag-Loringhoven)が制作したとされている。

関連作品

マルセル・デュシャンが亡くなってから、53年と57日が経過しました。(19415日)