芸能人・経営者のおくやみ情報

柳瀬尚紀 氏(やなせなおき)

翻訳家、英文学者[日本]

2016年 7月30日 死去肺炎享年74歳

柳瀬 尚紀(やなせ なおき、1943年3月2日 - 2016年7月30日)は、日本の英文学者、翻訳家、随筆家。
その翻訳は、語呂合わせなどの言葉遊びを駆使した独自の文体で、「悪訳」をするとみなした翻訳家に対する痛烈な批判を行っていた。
来歴・人物[編集] 北海道根室市出身。
1965年に早稲田大学第一文学部卒業、1967年同大学院文学研究科修士課程卒業、1970年同大学院文学研究科博士課程満期終了退学。
1977年に成城大学助教授、1991年に辞職。
大学院時代、鈴木幸夫教授のグループでジョイスの翻訳を『早稲田文学』に連載していた。
1976年にエリカ・ジョング『飛ぶのが怖い』の訳書がベストセラーとなり、「飛んでる女」が流行語となる。
その後もジョング作品の翻訳を続けている。
高校時代までは数学者を志していた。
ルイス・キャロルの翻訳も多く、数学に詳しい。
ロングセラーとなった『シンデレラ・コンプレックス』の他にも、前衛的な文学を多数翻訳。
英語・国語辞書や翻訳・国語論に関する著作も多い。
1981年に、第3回日本雑学大賞を受賞。
ジェイムズ・ジョイスの作品で、翻訳不可能と言われた『フィネガンズ・ウェイク』を独自の造語を用いて翻訳したことは話題となり、日本翻訳文化賞受賞、BABEL国際翻訳大賞・日本翻訳大賞受賞。
『ジェイムズ・ジョイスの謎を解く』(岩波新書)では『ユリシーズ』12章の語り手が犬であるという新説を打ち出した。
『ユリシーズ ……

推定関連画像

柳瀬尚紀さんが亡くなってから、7年と360日が経ちました。(2917日)