芸能人・経営者のおくやみ情報

クヌート・ラスムッセンKnud Johan Victor Rasmussen

探検家、人類学者[グリーンランド]

1933年 12月21日 死去肺炎享年55歳

 - ウィキペディアより引用

クヌート・ラスムッセン(Knud Johan Victor Rasmussen、1879年6月7日 - 1933年12月21日)はグリーンランドの極地探検家で、人類学者である。
「エスキモー学の父」と呼ばれる。
北西航路を始めて犬ぞりで横断した。
グリーンランドやデンマーク、カナダのイヌイットの間では、よく知られた人物である。

関連作品

「クヌート・ラスムッセン」と関連する故人