芸能人・経営者のおくやみ情報

長與善郎(ながよよしろう)

作家[日本]

1961年 10月29日 死去享年74歳

長與善郎 - ウィキペディアより引用

長與 善郎(ながよ よしろう、新字体:長与 善郎、1888年〈明治21年〉8月6日 - 1961年〈昭和36年〉10月29日)は、日本の小説家、劇作家、評論家。
白樺派作家として人道主義的な作風で知られた。
東大英文科中退。
戯曲『項羽と劉邦』(1917年)などで認められ、白樺派の中心的存在に。
人道的な作風で活躍した。
作品に小説『青銅の基督』(1923年)、『竹沢先生と云ふ人』(1925年)、自伝『わが心の遍歴』(1959年)など。

関連作品

長與善郎が亡くなってから、62年と124日が経過しました。(22770日)