芸能人・経営者のおくやみ情報

高楠順次郎(たかくすじゅんじろう)

仏教学者[日本]

1945年 6月28日 死去享年80歳

高楠順次郎 - ウィキペディアより引用

高楠 順次郎(たかくす じゅんじろう、1866年6月29日(慶応2年5月17日) - 1945年(昭和20年)6月28日)は、戦前の仏教学者、インド学者。
1912年、帝国学士院会員。
学位は文学博士、ドクトル・フィロソフィエ(ライプツィヒ大学)など。
称号は東京帝国大学名誉教授。
1944年に文化勲章を受章。
広島県御調郡八幡村字篝(現三原市)の農家沢井家に7人兄弟の長男として生まれた。
幼いころから祖父に漢籍を習ったが、旧家とはいえ進学するだけの余裕はなく、14歳で小学校教員として働き始めた。
その後、近隣出身で当時西本願寺を代表する学僧であった日野義淵(足利義山の子)や是山恵覚等の助力もあって、21歳の時、西本願寺が京都に創設したばかりの普通教校(現龍谷大学)に入学した。
在学中は同志を集めて禁酒運動を始め『反省会雑誌』(後の『中央公論』)を刊行した。
その後、請われて神戸の裕福な高楠家の婿養子となり、その援助で英国に留学、オックスフォード大学でM.ミュラーに師事した。

関連書籍

仏教学者。インド学。号雪頂。旧姓沢井。幼名海太郎のち洵。イギリス・ドイツ・フランスに留学し、オックスフォードでマックス・ミューラに師事、厳密な文献研究に基くインド学を学ぶ。帰国して南条文雄の後を受けて東大で梵語学を講じる。逓相秘書官・東京外語校長・東大講師~教授・東洋大学々長を歴任。学士院会員となり文化勲章受章。著書『大正大蔵経』『南伝大蔵経』を中心的に存在として活躍した。他に『大正新修大蔵経』『高楠順次郎全集』等がある。昭和20年(1945)歿、80才。 (引用元 コトバンク)