芸能人・経営者のおくやみ情報

木村泰賢(きむらたいけん)

侶・曹洞宗、仏教学者[日本]

1930年 5月16日 死去心臓病享年50歳

きむらたいけん [生]1881.8.11.岩手[没]1930.5.16.東京インド哲学者。東京大学を卒業し(1909),のち同大学講師(12),助教授に任じられ(17),ヨーロッパ,アメリカに留学(19~22)。文学博士(22)。のち,教授に任じられてインド哲学を担当(23)。漢訳仏典のみを資料として正統バラモン哲学を論じたそれ以前の学風を脱し,直接原典資料を駆使し,新たな学風を興した。仏教思想研究にも大きく貢献したが,現職のまま死亡した。主著『印度哲学史』(13),『印度六派哲学』(15),『原始仏教思想論』(22),『阿毘達磨論の研究』(22)。 (引用元 コトバンク)

「木村泰賢」と関連する人物(故人)