芸能人・経営者のおくやみ情報

小野清一郎 氏(おのせいいちろう)

法学者、弁護士[日本]

1986年 3月9日 死去享年96歳

小野 清一郎(おの せいいちろう、1891年(明治24年)1月10日 - 1986年(昭和61年)3月9日)は、日本の法学者、弁護士。
専門は刑法、刑事訴訟法、法哲学。
学位は法学博士。
東京大学名誉教授、法務省特別顧問。
日本学士院会員、勲一等瑞宝章・文化勲章受章者。
岩手県盛岡市出身。
盛岡小野組の一族である。
仏教の影響を受け、客観主義の法哲学・刑法理論を展開し、大場茂馬以来の後期旧派理論を継承する。
戦後の刑法学会に多大な影響を与えた。
東京裁判では海軍側被告人の弁護人をつとめた。
親鸞に造詣の深い仏教研究者でもあった。

関連作品

小野清一郎さんが亡くなってから、35年と267日が経ちました。(13051日)