芸能人・経営者のおくやみ情報

多田鼎(ただかなえ)

真宗大谷派侶、伝道院初代院長[日本]

1937年 12月7日 死去享年63歳

明治8年10月3日、愛知県宝飯郡五井村に生まれる。真宗大学に在学中、信仰の問題で煩悶し、東京に住む浄土真宗の学僧で思想家の清沢満之を訪問。のち清沢が主宰する浩々堂の同人となって精神主義運動を進め、機関誌「精神界」の発行に携わった。明治34年清沢が真宗大学の学監となったのに伴い、招かれて同教授に就任。36年清沢が没すると辞職し、37年千葉教院を開いた。その後、愛知県に帰って三河同朋会を組織し、雑誌「みどりご」を刊行しながら著述や教化活動を展開。大正13年には真宗大谷派伝道院の初代院長に任ぜられた。著書に「正信偈本義」などがある。(参照元・日外アソシエーツ「20世紀日本人名事典」)

関連作品

多田鼎が亡くなってから、85年と1日が経過しました。(31047日)

「多田鼎」と関連する故人