芸能人・経営者のおくやみ情報

団藤重光 氏(だんどうしげみつ)

法学者[日本]

(東京大学名誉教授、元最高裁判事)

2012年 6月25日 死去老衰享年100歳

 - ウィキペディアより引用

團藤 重光(だんどう しげみつ、1913年11月8日 - 2012年6月25日)は、日本の法学者(刑法・刑事訴訟法)、裁判官。
位階は正三位。
勲等は勲一等。
学位は法学博士(東京大学・1962年)。
東京大学名誉教授、日本学士院会員、文化功労者。
姓の「團」は「団」の旧字体のため、新字体で団藤 重光(だんどう しげみつ)とも表記される。
東京帝国大学法学部助教授、東京大学法学部教授、東京大学法学部学部長、慶應義塾大学法学部教授、最高裁判所判事、社団法人学士会理事長などを歴任した。

刑事法学の権威で東大名誉教授や最高裁判事を務め、退官後は死刑廃止を訴えた団藤重光(だんどう・しげみつ)氏が25日午前5時48分、老衰のため自宅で死去した。98歳だった。岡山県出身。葬儀は29日午後1時半から東京都千代田区麹町6の5の1の聖イグナチオ教会大聖堂で。喪主は義妹勝本稔子さん。葬儀委員長は松尾浩也東大名誉教授。 1913年11月山口県吉敷郡山口町(現山口市)に生まれ、岡山県で育つ。35年東京帝大法学部卒。戦後、司法省(現法務省)嘱託として現行刑事訴訟法の立案に参画。東大教授、同法学部長、慶応大教授を経て東大名誉教授に。「刑法綱要総論」などを著し、刑事法学の研究で優れた業績を残した。 74年から83年まで最高裁判事。「疑わしきは被告人の利益に、という鉄則が再審にも適用される」と、再審の門を大きく広げた「白鳥決定」に関与した。「大阪空港公害訴訟」では住民の夜間飛行差し止め請求に理解を示し、参院の定数訴訟でも「異常な格差を放置してきた国会の怠慢」を指摘して「違憲」と主張するなど、リベラルな反対、補足意見を数多く述べた。 定年退官後は天皇陛下が皇太子時代に東宮職参与として、公私にわたり相談役を務めた。日本学士院会員、文化功労者に選ばれ、勲一等旭日大綬章を受章。95年には文化勲章を受章した。  その一方で、最高裁判事として死刑事件に関与した経験を踏まえ、誤判の危険性を理由に死刑廃止を訴えたほか、脳死を法律上の死と認める見解を発表し、論議に一石を投じた。

関連作品

  • タイトル
    刑法綱要総論
    種別
    単行本
    著者
    • 団藤重光
    出版社
    創文社
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥4,500
    中古商品
    ¥4,412より
  • タイトル
    死刑廃止論
    種別
    単行本
    著者
    • 団藤重光
    出版社
    有斐閣
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥5,675
    中古商品
    ¥5,425より