芸能人・経営者のおくやみ情報

淀殿(よどどの)

豊臣秀吉側室[日本]

(本名・浅井茶々、慶長20年5月8日没)

1615年 6月4日 死去自害

 - ウィキペディアより引用

淀殿(よどどの、永禄12年(1569年)? - 慶長20年5月8日(1615年6月4日))は、戦国時代から江戸時代初頭の人物。
豊臣秀吉の側室。
位階は従五位下とされるが、諸説あり。
本名は 浅井 茶々(あざい ちゃちゃ)および浅井 菊子(あざい きくこ)。
浅井三姉妹の一人。
近江国の戦国大名・浅井長政の娘。
母は織田信長の妹・市。
織田信長の姪にあたる。
同母妹に初(常高院、京極高次正室)と江(崇源院、徳川秀忠正室)、異母弟妹には京極竜子の侍女(姥)となったくす、千姫の乳母となった刑部卿局と浅井井頼がいる。
子には棄(鶴松、夭折)と拾(秀頼)、猶女には完子 がいる。
乳母は大蔵卿局(大野治長の母)、饗庭局(大叔母にあたる海津殿の次女)、大局(前田利家の弟にあたる佐脇良之の室)の三人が明らかになっている。
生涯 父・母の死 近江国小谷(現在の滋賀県長浜市)に生まれる。
天正元年(1573年)に父・長政が伯父・織田信長に敵対して攻められ、小谷城が落城すると母妹らとともに藤掛永勝に救出された。

関連作品