芸能人・経営者のおくやみ情報

長久保赤水(ながくぼせきすい)

地理学者漢学者[日本]

(享和元年7月23日没)

1801年 8月31日 死去享年85歳

長久保 赤水(ながくぼ せきすい、本名:玄珠、俗名:源五兵衛、享保2年11月6日(1717年12月8日) - 享和元年7月23日(1801年8月31日))は、江戸時代中期の地理学者、儒学者である。
常陸国多賀郡赤浜村(現在の茨城県高萩市)出身。
号の赤水と字の玄珠は荘子の天地篇にある『黄帝、赤水の北に遊び、崑崙の丘に登り、而して南望して還帰し、其の玄珠を遺せり。
』から取られている。
 令和2年9月30日、長久保赤水の地図や資料群693点の学術的価値が認められ国の重要文化財に指定された。

関連作品

  • タイトル
    清學の士 長久保赤水 増補二版
    種別
    単行本(ソフトカバー)
    著者
    • 横山洸淙
    出版社
    ブイツーソリューション
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥1,650
    中古商品
  • タイトル
    清學の士 長久保赤水
    種別
    単行本
    著者
    • 横山洸淙
    出版社
    ブイツーソリューション
    ページ数
    発売日
    新品価格
    ¥2,200
    中古商品
    ¥1,820より

長久保赤水が亡くなってから、221年と87日が経過しました。(80807日)