芸能人・経営者のおくやみ情報

岩谷時子 氏

作詞家[日本]

2013年 10月25日 死去肺炎享年98歳

岩谷 時子(いわたに ときこ、1916年(大正5年)3月28日 - 2013年(平成25年)10月25日)は、日本の作詞家、詩人、翻訳家。
本名:岩谷 トキ子(読み同じ)。
歌手・越路吹雪のマネージャーを務めたことでも知られる。
越路吹雪と歩んだ半生 1916年、京城府(現在のソウル特別市)生まれ。
先祖は幕末維新に「石見尊徳」と敬われた島根県大田市の篤農家・岩谷九十老。
祖父は京畿道の初代長官だったので、京城で生まれたのだが時子が生まれた日に退官した。
父親は東京高商(一橋大学)を出て貿易商社勤めで、母親は明治のモダンな女性だった。
5歳の頃に兵庫県西宮市に移住。
西宮市立浜脇小学校、西宮市立安井小学校、西宮市立西宮高等女学校(現・西宮市立西宮高等学校)を経て、神戸女学院大学部に進学。
1939年に神戸女学院大学部英文科を卒業後に、宝塚歌劇団出版部に就職。
宝塚歌劇団の機関誌である『歌劇』の編集長を務めた。
そうした中、偶然宝塚歌劇団編集部にやってきた8歳下の当時タカラジェンヌで15歳の越路吹雪と出会う。

「君といつまでも」などを作詞し、シャンソン歌手越路吹雪さんの「愛の讃歌(さんか)」を訳詞した作詞家で文化功労者の岩谷時子(いわたに・ときこ、本名トキ子)さんが25日午後、肺炎のため東京都内の病院で死去した。97歳だった。葬儀は親族のみで行い、後日「しのぶ会」を開く。 韓国ソウル生まれで、兵庫県西宮市で育った。神戸女学院を卒業後、1939年宝塚歌劇団出版部入り。知り合った越路さんが51年に退団すると共に上京し、マネジャーとして支えた。越路さんの歌うシャンソンの大半を訳詞した。 作詞家としても数々のヒット曲を送り出し、ザ・ピーナッツの「恋のバカンス」、加山雄三さんの「君といつまでも」、郷ひろみさんの「男の子女の子」など代表曲は数多い。  越路さんの死後、自らの人生の歩みを記した「愛と哀(かな)しみのルフラン」を出版。「レ・ミゼラブル」「ミス・サイゴン」などミュージカルの訳詞も手掛けた。2010年に音楽・演劇界に功績のあった人を表彰する岩谷時子賞を創設。今年4月の第4回授賞式に出席していた。

関連作品