芸能人・経営者のおくやみ情報

蒲原有明(かんばらありあけ)

詩人[日本]

1952年 2月3日 死去急性肺炎享年78歳

蒲原有明 - ウィキペディアより引用

蒲原 有明(かんばら ありあけ、1875年(明治8年)3月15日 - 1952年(昭和27年)2月3日)は、日本の詩人。
本名は蒲原 隼雄(かんばら はやお)。
東京生まれ。
D・G・ロセッティに傾倒し、複雑な語彙やリズムを駆使した象徴派詩人として、『独絃哀歌』『春鳥集』『有明集』などを発表。
薄田泣菫と併称され、北原白秋、三木露風らに影響を与えた。
生涯[編集]

推定関連画像

蒲原有明が亡くなってから、72年と173日が経過しました。(26471日)