芸能人・経営者のおくやみ情報

榊原鍵吉(さかきばらけんきち)

幕臣、剣客[日本]

1894年 9月11日 死去脚気衝心享年65歳

 - ウィキペディアより引用

榊原 鍵吉(さかきばら けんきち、文政13年11月5日(1830年12月19日) - 明治27年(1894年)9月11日)は、江戸幕府幕臣、剣術家。
諱は友善(ともよし)。
幕末期に男谷信友から直心影流男谷派剣術を継承し、講武所剣術師範役、遊撃隊頭取を務める。
明治維新後は撃剣興行を主宰して困窮した士族を救済したことや、天覧兜割りの成功などで知られ、「最後の剣客」と呼ばれる。
稽古で長さ六尺(180cm)、重さ三貫(11kg)の振り棒を2000回も振ったといわれ、腕周りは55cmあったという。
弟子に山田次郎吉がいる。

榊原鍵吉が亡くなってから、127年と86日が経過しました。(46473日)