芸能人・経営者のおくやみ情報

海保帆平(かいほはんぺい)

剣豪、水戸藩士[日本]

(文久3年10月14日没)

1863年 11月24日 死去享年42歳

海保 帆平(かいほ はんぺい、文政5年(1822年) - 文久3年10月14日(1863年11月24日))は幕末期の剣豪、水戸藩士。
安中藩にいた帆平の剣士としての素質を見抜いた水戸藩の徳川斉昭により、若くして500石の破格の待遇で召し抱えられる事になった。
その後千葉周作門下の四天王と呼ばれるまでに頭角をあらわし、江戸本郷弓町に道場をかまえ日本剣豪百選に登場するまでになる。
江戸末期の儒学者、会沢正志斎の娘と結婚する。
水戸藩の動向と同じく波乱の生涯だった。
創作物では、司馬遼太郎等の千葉周作の道場が登場する時代小説に度々登場する。

関連作品