芸能人・経営者のおくやみ情報

栗林忠道(くりばやしただみち)

陸軍大将[日本]

(硫黄島の戦いで玉粋)

1945年 3月26日 死去戦死享年55歳

栗林忠道 - ウィキペディアより引用

栗林 忠道(くりばやし ただみち、1891年(明治24年)7月7日 - 1945年(昭和20年)3月26日)は、日本の陸軍軍人。
最終階級は陸軍大将。
位階勲等は従四位勲一等(旭日大綬章)。
陸士26期・陸大35期次席。
長野県埴科郡西条村(現:長野市松代町)出身。
第二次世界大戦(太平洋戦争/大東亜戦争)末期の硫黄島の戦いにおける、日本軍守備隊の最高指揮官(小笠原兵団長。
小笠原方面陸海軍最高指揮官)であり、その戦闘指揮によって敵であったアメリカ軍から「アメリカ人が戦争で直面した最も手ごわい敵の一人であった」と評された。

関連作品

栗林忠道が亡くなってから、78年と66日が経過しました。(28556日)