芸能人・経営者のおくやみ情報

チェスター・ニミッツChester William Nimitz, Sr.

海軍元帥[アメリカ]

(第二次世界大戦中のアメリカ太平洋艦隊司令長官兼太平洋戦域最高司令官)

1966年 2月20日 死去享年82歳

チェスター・ニミッツ - ウィキペディアより引用

チェスター・ウィリアム・ニミッツ・シニア(英語: Chester William Nimitz, Sr.、1885年2月24日 - 1966年2月20日)は、アメリカ合衆国の海軍軍人。
最終階級は海軍元帥。
第二次世界大戦中のアメリカ太平洋艦隊司令長官兼太平洋戦域最高司令官(Commander in Chief, United States Pacific Fleet and Commander in Chief, Pacific Ocean Areas. 略称CINCPAC-CINCPOA)として日本軍と戦った。
生涯[編集] 生い立ち[編集] 1885年2月24日、テキサス州フレデリックスバーグに誕生する。
なおドイツ系移民(ドイツ系アメリカ人)である。
ニミッツの祖先はザクセン地方出身のフライヘル(男爵)の称号を持ち、1648年に三十年戦争の終了後ハノーファー近くに定住していたが、没落して平民となり、ニミッツの曽祖父ハインリヒ・ニミッツの代で放蕩のために家財を失い、船会社に就職した。
ニミッツの祖父のチャールズ(14歳で船員)らと共にアメリカ南部のサウス・カロライナ、チャールストンに1840年から4年間の間に家族全てが移住した。
祖父のチャールズは折からの西部開拓熱により、ドイツ人のオットフリート・ハンス・フォン・モイズバッハ伯爵に率いられたドイツ人入植者らとテキサス州にフレデリックスバーグを建設し、チャールズは1852年にフレデリックスバーグでホテル業(現代日本の感覚では民宿に近い規模)を始め、後にテキサス州の州議会議員になった。
チャールズはテキサスのジョークの大家でユーモラスな馬鹿話を真に迫って ……

推定関連画像

チェスター・ニミッツが亡くなってから、58年と152日が経過しました。(21337日)