芸能人・経営者のおくやみ情報

武田耕雲斎(たけだこううんさい)

水戸藩士、天狗党首領[日本]

(元治2年2月4日没)

1865年 3月1日 死去斬首享年63歳

武田耕雲斎 - ウィキペディアより引用

武田 耕雲斎(たけだ こううんさい、享和3年(1803年)- 元治2年2月4日(1865年3月1日))は、幕末の人。
水戸藩の天狗党の首領。
名は正生。
通称は彦九郎。
号は如雲。
位階は贈正四位。
官位は伊賀守。
松原神社 (敦賀市)の祭神。
靖国神社合祀。
家系 武田耕雲斎の家系は清和源氏のひとつ、河内源氏の傍系である跡部氏の一族であるという。
跡部氏は室町時代後期に甲斐守護・武田氏を補佐する守護代となり武田氏に滅ぼされた一族のほか、戦国時代の甲斐武田氏家臣となった一族や、武田遺臣として存続した一族が知られる。
跡部氏はもともと武田氏と同じ甲斐源氏であるが、祖は武田氏とは別流の小笠原氏であった。
しかし、姻戚関係によるつながりのためか、耕雲斎は武田信玄の末裔を称して武田姓に改めた。
祖先とされる跡部勝資が『甲陽軍鑑』において「奸臣」とされていた為、この家名を嫌ったことから藩主斉昭の許しを得て武田姓への「復姓」(改姓)をしたという。
水戸藩士・跡部正続の子として生まれ、跡部正房(跡部家の宗家・300石)の養嗣子となった。

日本の江戸時代末期の人物。武田正生とも。 水戸藩の天狗党の首領だったが処刑された。 (引用元 Hatena Keyword)

「武田耕雲斎」と関連する人物(故人)