芸能人・経営者のおくやみ情報

藤原兼長(ふじわらのかねなが)

公卿[日本]

(保延4年生、保元3年1月1日没)

(ユリウス暦) 1158年 2月1日 死去享年21歳

藤原 兼長(ふじわら の かねなが)は平安時代末期の公卿。
藤原頼長の次男。
生涯 幼名を父・頼長と同じく菖蒲若と称す。
久安元年(1145年)、父頼長より「忠経」の名を与えられるが、祖父忠実の強硬な反対により翌日兼長と改められた。
この理由として忠実は、朝敵として討滅された平忠常と同訓であることの不吉を説いている。
当時、父の頼長は、その兄忠通から摂関家の家督を将来的に相続すべき立場にあった。
その流れの中で頼長の嫡男たる兼長の官途も順調であり、久安4年(1148年)には11歳にして五位中将に進んでいる。
また伯父である忠通の猶子ともなり、同年忠通の近衛邸で元服を果たしている。
しかし、康治2年(1143年)に実子基実を得ていた忠通は、内心では頼長流への家督移譲に対して消極的であり、やがて忠実・頼長と対立してゆく。
したがってこれ以降の兼長の昇進は忠通の関与するところではなく、むしろ忠通に代わって久安6年(1150年)に藤氏長者となって実権を握った頼長の威光によるものであった。

関連商品

「藤原兼長」と関連する故人