芸能人・経営者のおくやみ情報

古井由吉 氏(ふるいよしきち)

作家、ドイツ文学者[日本]

(1971年に「杳子」で芥川賞受賞)

2020年 2月18日 死去肝細胞がん享年84歳

古井 由吉(ふるい よしきち、1937年11月19日 - 2020年2月18日)は、日本の小説家、ドイツ文学者。
いわゆる「内向の世代」の代表的作家と言われている。
代表作は『杳子』(1970年)、『聖』(1976年)『栖』(1979年)『親』(1980年)の三部作、『槿』(1983年)、『仮往生伝試文』(1989年)、『白髪の唄』(1996年)など。
精神の深部に分け入る描写に特徴があり、特に既成の日本語文脈を破る独自な文体を試みている。
東大独文科卒。
1971年に男女の愛の微妙な心理の揺れをついた『杳子』で芥川賞受賞。
その後『行隠れ』、『聖』『栖』『親』三部作などで、民俗学や病理学を駆使した刺激的な作風を展開している。

関連作品

古井由吉さんが亡くなってから、3年と110日が経ちました。(1206日)