芸能人・経営者のおくやみ情報

吾妻ひでお 氏(あづまひでお)

漫画[日本]

2019年 10月13日 死去享年70歳

吾妻 ひでお(あづま ひでお、1950年2月6日 - )は、日本の男性漫画家。
北海道十勝郡浦幌町宝町出身。
本名は吾妻 日出夫(あづま ひでお)。
血液型はO型。
1969年、『月刊まんが王』(秋田書店)12月号掲載の『リングサイド・クレイジー』(吾妻日出夫名義)でデビュー。
以後、SF・ナンセンス色の強い作風で徐々に人気をえる。
『週刊少年チャンピオン』で当時流行していたハレンチコメディ路線の『ふたりと5人』(1972年〜1976年)を連載し、それなりにヒットする。
同連載が終了したのち、マイナー誌等でSF・ロリコン・ナンセンスの要素をふんだんに湛えたマニアックな作品を続々と発表し、「吾妻ブーム」が起こった。
1978年に発表した『不条理日記』は翌1979年に日本SF大会で星雲賞(コミック部門)を受賞、「不条理漫画」というジャンルの開拓者とみなされている。
1979年、日本初のロリコン同人誌『シベール』に作品を発表。
自販機本(ビニール本・エロ本)などにもロリコンマンガを発表した。
当時、メジャー誌出身の漫画家が同人誌やエロ本に描くことはきわめて異例であった。

映像作品

関連書籍

漫画家。 1950年2月6日生まれ、北海道十勝郡浦幌町出身。1969年デビュー。 週刊少年誌からマイナーエロ雑誌まで幅広い媒体でギャグ漫画、美少女漫画を発表してきた巨匠。ロリコン黎明期に先駆的な性表現を含んだ作品を発表するなど、SFファンに限らず多くの読者に今も強い印象を与え続ける。 アグネス・チャンと林寛子の大ファンであり、作品に何度も登場させた。また、アニメ「女王陛下のプティアンジェ」の主人公アンジェを作品に登場させて有名にしようとしたが、「プティ・アンジェもさっぱりでした」との通り(『やけくそ天使』)、あまり奮わなかったようである。 自身の失踪、ホームレス、アル中体験をつづった『失踪日記』を2005年3月に発表。ベストセラーとなり、第34回日本漫画家協会賞大賞、平成17年度文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞、第10回手塚治虫文化賞マンガ大賞、2006年星雲賞(ノンフィクション部門)をそれぞれ受賞。 「産直あづまマガジン」という個人誌を発行中。 (引用元 Hatena Keyword)