芸能人・経営者のおくやみ情報

ユスフ・ハビビ 氏Bacharuddin Jusuf Habibie

政治家、元大統領[インドネシア]

2019年 9月11日 死去享年84歳

ユスフ・ハビビ - ウィキペディアより引用

バハルディン・ユスフ・ハビビ(Bacharuddin Jusuf Habibie, 1936年6月25日 - )は、インドネシアの技術者、政治家である。
スハルト政権末期の副大統領を務め、スハルト辞任後、同国の第3代大統領に昇格し、翌年まで務めた(在任1998年-1999年)。
政治家になる前はドイツの航空機メーカー・メッサーシュミットの副社長を務めていた。
スラウェシ島(南スラウェシ州パレパレ)出身。
幼少の頃、当時南スラウェシ派遣軍司令官としてスラウェシ島に赴任していたスハルトの知遇を得る。
ジャワ島西部のバンドゥン工科大学(ITB)(バンドン工科大学)に入学したが、留学のため中退し、西ドイツ(当時)のアーヘン工科大学航空工学科に入学。
1960年に同科を卒業して、同大学助手に就任。
1965年、工学博士号を取得した。
その後も航空機エンジニアとして、ドイツの航空機産業界に籍を置きながら、1974年にはメッサーシュミット・ベルコウ・ブロムの副社長(技術応用部長)を務める(1978年まで)。

関連書籍

(バハルディン・ユスフ・ハビビ、Bacharuddin Jusuf Habibie, 1936年6月25日 - ) インドネシアの技術者、政治家である。スハルト政権末期の副大統領を務め、スハルト辞任後、同国の第3代大統領に昇格し、翌年まで務めた(在任1998年-1999年)。政治家になる前はドイツの航空機メーカー・メッサーシュミットの副社長を務めていた。 (引用元 Hatena Keyword)

「ユスフ・ハビビ」と関連する人物(故人)