芸能人・経営者のおくやみ情報

福羽逸人(ふくばはやと)

造園家、農学者[日本]

1921年 5月19日 死去享年66歳

福羽 逸人(ふくば はやと/いつせん安政3年11月16日(1856年12月13日) - 大正10年(1921年)5月19日)は、日本の造園家、園芸家、官僚、農学者。
位階・勲等は正三位勲一等。
爵位は子爵。
宮内省で長く宮廷園芸技師として活躍、小豆島のオリーブや「ふくばいちご」として知られるイチゴなど植物栽培、花弁果樹野菜等の品種改良など園芸分野で多く貢献をしたほか、新宿御苑をはじめとする宮内省管轄の庭園等の整備、武庫離宮(須磨離宮)の庭園設計、栗林公園北庭および日比谷公園西洋花壇の設計に当たった。

関連作品

福羽逸人が亡くなってから、100年と157日が経過しました。(36682日)