芸能人・経営者のおくやみ情報

カール・ヤスパースKarl Theodor Jaspers

哲学者[ドイツ→スイス]

1969年 2月26日 死去享年87歳

 - ウィキペディアより引用

カール・ヤスパース(独: Karl Theodor Jaspers、1883年2月23日 - 1969年2月26日)は、ドイツの哲学者、精神科医であり、実存主義哲学の代表的論者の一人である。
現代思想(特に大陸哲学)、現代神学、精神医学に強い影響を与えた。
『精神病理学総論』(1913年)、『哲学』(1932年)などの著書が有名。
ヤスパースは、その生涯の時期ともあい合わさって、3つの顔を持っている。
精神病理学者として、哲学者(神学者)として、政治評論家としての活動である。

関連作品