芸能人・経営者のおくやみ情報

ウラジーミル・レーニンVladimir Lenin

政治家、革命家[ソ連]

1924年 1月21日 死去脳梗塞享年55歳

ウラジーミル・レーニン - ウィキペディアより引用

ウラジーミル・イリイチ・レーニン(ロシア語: Влади́мир Ильи́ч Ле́нин、1870年4月22日 – 1924年1月21日)は、ロシアの革命家、政治家、哲学者。
ロシア・ソビエト社会主義共和国およびソビエト連邦の初代指導者(人民委員会議議長)。
「レーニン」は筆名(#筆名も参照)であり、本名はウラジーミル・イリイチ・ウリヤノフ(ロシア語: Влади́мир Ильи́ч Улья́нов)。
ロシア社会民主労働党ボリシェヴィキ派の指導者として活動し、1917年に十月革命を成功させた後、初の社会主義国家であるロシア・ソビエト連邦社会主義共和国を樹立し、その行政府である人民委員会議の議長に就任した。
1919年には第二インターナショナルに代わる共産主義政党の国際組織としてコミンテルンの創設を主導、その後1922年にはソビエト連邦の成立を指導し、1924年に死去するまで同国政府首脳(ソ連人民委員会議議長)の地位にあった。
マルクス主義者として政治、経済の分析から哲学に至るまでさまざまな著作を残し、その思想はレーニン主義およびマルクス・レーニン主義として継承され、世界の社会主義国に影響を与えた( § 国際的影響)。

関連作品

ウラジーミル・レーニンが亡くなってから、100年と155日が経過しました。(36680日)