芸能人・経営者のおくやみ情報

アントニオ・サリエリAntonio Salieri

作曲家[イタリア]

1825年 5月7日 死去享年76歳

 - ウィキペディアより引用

アントニオ・サリエリ(サリエーリ)(Antonio Salieri [anˈtɔːnjo saˈljɛːri]、1750年8月18日 - 1825年5月7日)は、イタリアの作曲家。
レニャーゴ生まれ。
生前は神聖ローマ皇帝・オーストリア皇帝に仕える宮廷楽長としてヨーロッパ楽壇の頂点に立った人物であり、またベートーヴェン、シューベルト、リストらを育てた名教育家でもあった。
彼はウィーンで作曲家として、特にイタリアオペラ、室内楽それと宗教音楽において高い名声を博した。
彼の43曲のオペラのうち、もっとも成功したのはパリのオペラ座で初演された「ダナオスの娘たち(Les Danaïdes)」(1784年)と「タラール(Tarare)」(1787年)だった。
1778年、ミラノのスカラ座の開場を飾ったのも、彼の「見出されたエウローパ」である。
死後はその名と作品を忘れられたが、戯曲『アマデウス』(1979年)およびその映画版(1984年)の主人公として取り上げられたため、知名度が上昇。
2003年に大メゾソプラノ歌手チェチーリア・バルトリがアルバムを出すなど、21世紀に入ってからは音楽家としての再評価の動きもあり、2009年からは生地レニャーゴでサリエリ・オペラ音楽祭が毎年開催されている。

関連作品

「アントニオ・サリエリ」と関連する故人