芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ3世George III

イギリス国王[イギリス]

1820年 1月29日 死去享年83歳

 - ウィキペディアより引用

ジョージ3世(英語: George III、1738年6月4日 – 1820年1月29日)は、ハノーヴァー家第3代目のイギリス国王(在位:1760年10月25日 - 1820年1月29日)。
1760年10月25日から1800年12月31日まではグレートブリテン国王兼アイルランド国王であり、1801年1月1日に両国が合同してから崩御するまでは、グレートブリテン及びアイルランド連合王国国王。
また同時に、神聖ローマ帝国のハノーファー選帝侯でもあり、1814年10月12日以後はハノーファー王ゲオルク3世 (Georg III)に昇格した。
ハノーヴァー家の国王だったが、先代・先々代と異なりイギリス生まれで母語は英語であり、ハノーファーへは一度も訪れなかった。
ジョージ3世の寿命と治世の長さはそれまでの全てのイギリス国王よりも長く、ヨーロッパからアフリカ、アメリカ、アジアまで拡大した多くの軍事紛争に彩られた。
治世初期にはグレートブリテン王国が七年戦争でフランス王国に勝利、北アメリカとインドにおけるヨーロッパ諸国の勢力の間で支配的な勢力となった。
しかし、アメリカ独立戦争では敗北して13植民地はじめ北米の多くの植民地を失った。
1793年からは革命時期とナポレオンの帝政時期のフランスとの戦争に突入、1815年のワーテルローの戦いまで続いた。
治世後期は、精神疾患に繰り返し悩まされた。
ポルフィリン症を患っていたとされたが、病気の原因は不明のままである。
1810年に病気が再発、回復の兆しもなかったため摂政が任 ……

関連作品