芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ4世George IV

国王[イギリス]

1830年 6月26日 死去享年69歳

 - ウィキペディアより引用

ジョージ4世(英語: George IV、1762年8月12日 – 1830年6月26日)は、イギリス、ハノーヴァー朝の国王(在位:1820年1月29日 - 1830年6月26日)。
ハノーファー王国の国王ゲオルク4世(ドイツ語: Georg IV.)でもあった。
父はジョージ3世、母はその妃シャーロット。
妃はブラウンシュヴァイク=ヴォルフェンビュッテル公カール・ヴィルヘルム・フェルディナントの次女キャロライン(ドイツ名カロリーネ)。
1811年から即位するまで、父の精神疾患により摂政王太子として統治した。
ジョージ4世の摂政時期とその治世下では19世紀に確立されたパクス・ブリタニカの基礎が築かれていたが、ジョージ4世の行動は無責任で利己的かつ常に取り巻きの寵臣の影響下にあると見做されていた。
ジョージ4世は贅沢な生活を送り、新しい形のレジャー、スタイル、趣味のパトロンになり、ジョージ・ブランメルやジョン・ナッシュを支援して摂政時代の流行に貢献した。
ジョージ4世は魅力と教養により「イングランド一の紳士」と呼ばれたが、その放蕩な生活、さらに妻キャロラインとの関係の悪さに、当時の人々は不満を持ち、王家の名声が落ちた。
ジョージ4世の唯一の嫡出子シャーロット王女は1817年に先立って薨去、そのため後を継いだのは弟ウィリアムだった。

関連作品

ジョージ4世が亡くなってから、191年と156日が経過しました。(69919日)