芸能人・経営者のおくやみ情報

アレクサンドル1世Aleksandr I

ロシア皇帝[ロシア]

1825年 12月1日 死去享年49歳

 - ウィキペディアより引用

アレクサンドル1世(ロシア語: Александр I, ラテン文字転写: Aleksandr I、アレクサンドル・パヴロヴィチ・ロマノフ、ロシア語: Александр Павлович Романов, ラテン文字転写: Aleksandr Pavlovich Romanov、1777年12月23日(ユリウス暦12月12日) - 1825年12月1日(ユリウス暦11月19日))は、ロマノフ朝第10代ロシア皇帝(在位:1801年3月23日 - 1825年12月1日)、初代ポーランド立憲王国国王(アレクサンデル1世、在位:1815年6月9日 - 1825年12月1日)、初代フィンランド大公(アレクサンテリ1世、在位:1809年9月17日 - 1825年12月1日)。
皇帝パーヴェル1世と皇后マリア・フョードロヴナの第1皇子。
父帝暗殺後に帝位を継承し、当初は自由主義的改革を志向して開明的な政策をとったが、ナポレオン戦争を経て、治世後半は強権的反動政治に転じた。
外交政策では、ナポレオン1世失脚後開かれたウィーン会議で主導的な役割を演じ、以後のヨーロッパにおける君主主義、正統主義的反動体制の確立に尽力した。
また、キリスト教倫理観に基づく神聖同盟を結成してヨーロッパ諸国のあらゆる自由主義運動や国民主義運動の弾圧に協力した他、オスマン帝国に対する対イスラム十字軍を目論んだ。
アレクサンドル1世の治世中、ロシア帝国はフィンランドとポーランドを獲得した。

関連作品