芸能人・経営者のおくやみ情報

エカチェリーナ2世Yekaterina II Alekseyevna

ロシア帝国皇帝(女帝)[ロシア]

1796年 11月17日 死去脳梗塞享年68歳

 - ウィキペディアより引用

エカチェリーナ2世(エカチェリーナ2世アレクセーエヴナ、ロシア語: Екатерина II Алексеевна, ラテン文字転写: Yekaterina II Alekseyevna (イカチリーナ・フタラーヤ・アレクセーエヴナ)、1729年4月21日(ロシア暦)/5月2日(グレゴリオ暦) - 1796年11月6日(ロシア暦)/11月17日(グレゴリオ暦))は、ロマノフ朝第8代ロシア皇帝(在位:1762年6月28日(ロシア暦)/7月9日(グレゴリオ暦) - 1796年11月6日(ロシア暦)/11月17日(グレゴリオ暦))。
夫はピョートル3世ならびにグリゴリー・ポチョムキン(秘密結婚)、子はパーヴェル1世ほか。
プロイセンのフリードリヒ2世(大王)やオーストリアのヨーゼフ2世と共に啓蒙専制君主の代表とされる。
ロシア帝国の領土をポーランドやウクライナに拡大し、大帝 (ヴェリーカヤ)(Вели́кая)と称される。
帝政時代にロシア帝国国立銀行(ロシア語版)が発行していた100ルーブル紙幣の肖像に描かれていたほか、沿ドニエストル共和国の国立銀行(ロシア語版)が発行する500沿ドニエストル・ルーブルにも描かれていた。
近年は「エカチェリーナ」の表記が普及してきた。
また、ドイツ語や英語由来の「カタリーナ」(Katharina II.)、「カザリン」、「キャサリン」などの表記も散見する。

関連作品

エカチェリーナ2世が亡くなってから、225年と14日が経過しました。(82195日)