芸能人・経営者のおくやみ情報

ジョージ2世George II

イングランド国王[イギリス]

1760年 10月25日 死去享年78歳

 - ウィキペディアより引用

ジョージ2世(英語: George II、1683年11月9日 - 1760年10月25日)は、ハノーヴァー朝第2代グレートブリテンおよびアイルランド国王、ハノーファー選帝侯(在位:1727年 - 1760年)。
選帝侯としてはゲオルク2世アウグスト(ドイツ語: Georg II. August)。
ジョージ1世と妃でリューネブルク侯ゲオルク・ヴィルヘルムの娘ゾフィー・ドロテアの息子。
ジョージ2世は北ドイツ(英語版)で生まれ、外国で生まれたイギリスの君主としては最後となった。
1701年王位継承法と1707年合同法でイギリス王位継承権がプロテスタントに限定されたため、継承順位が50位以下だった祖母のゾフィー・フォン・デア・プファルツは一気に継承順位2位まで上がった。
1714年にゾフィーとアン女王が相次いで崩御すると、父のハノーファー選帝侯ゲオルク1世ルートヴィヒはイギリス王位を継承した(ジョージ1世)。
父の治世初期は反対派の政治家に味方し、1720年に反対派が与党と和解するまで続いた。
1727年に即位した後、イギリスの内政はグレートブリテン議会(英語版)が司り、ジョージ2世が干渉することは少なかった。
選帝侯としてはハノーファーで12回の夏を過ごし、そこでは政府の施策を直接指示した。
長男のフレデリック・ルイスとは仲が悪く、フレデリックは議会で野党を支持した。
オーストリア継承戦争中の1743年にデッティンゲンの戦いに参加、戦闘に参加したイギリス国王としては最後となった。
1745年、カ ……

関連作品

ジョージ2世が亡くなってから、261年と34日が経過しました。(95364日)