芸能人・経営者のおくやみ情報

エドワード3世Edward III

イングランド国王[イギリス]

(ユリウス暦) 1377年 6月21日 死去享年66歳

 - ウィキペディアより引用

エドワード3世(英: Edward III, 1312年11月13日 - 1377年6月21日)は、プランタジネット朝のイングランド王(在位:1327年 - 1377年)。
イングランド王エドワード2世とその王妃でフランス王フィリップ4世の娘であるイザベラの間の長男。
1327年に父王が議会で廃位されたことにより即位。
当初は父王を廃位に追いこんだ母とその愛人モーティマーの傀儡だったが、1330年にクーデタを起こして母を引退、モーティマーを処刑に追いやって実権を掌握。
貴族や議会と基本的に良好な関係を維持して安定的な治世を築き、商工業を振興し、海軍の再編成に努めた。
1337年にフランス王フィリップ6世がイングランド王のアキテーヌ公領を没収したのに対抗して母の血を根拠にフランス王位を請求してフィリップ6世に宣戦布告したことが百年戦争の始期と見なされる。
治世前半は軍事的成功を収めることが多かったが、後半はフランスから得た領土の大半を失うなど芳しくなかった。
黒死病流行など難局にも見舞われた。
治世末は肉体・精神的衰えで政治もおろそかになりがちで、議会との対立が深まり、特に1376年の善良議会ではその政治を厳しく批判された。
しかし当時のイングランドの国力から見て相応以上の成果を上げ、近隣諸国に「イングランド王国あり」という認識を与えた王であった。
彼の時代に議会の中の州・都市選出の平民議員(コモンズ)が伸長して庶民院が形成されたこと、イングランド最高勲章の ……

関連作品