芸能人・経営者のおくやみ情報

小松方正 氏

俳優[日本]

2003年 7月11日 死去敗血症享年78歳

小松 方正(こまつ ほうせい、1926年〈大正15年〉11月4日 - 2003年〈平成15年〉7月11日)は、日本の俳優・声優。
本名は小松 豊成(こまつ とよしげ)。
経歴・人物 長野県松本市出身。
生まれつき体が弱く、3才の頃に肺炎を患い生死の境をさまよったことがあるという。
小学校卒業後、叔父を頼って上京し昌平中学に入学した。
卒業後、満鉄の技術員養成所に入るが、結核を患って退社する。
1945年(昭和20年)、終戦直前に海軍へ入り、同年8月6日の原爆投下の前日まで広島市にいた。
東京の警備隊に転勤となり前夜8月5日、最終列車で東京に向かう。
新型爆弾投下をラジオで聞いた場所は、空襲の影響で列車が止った静岡県掛川駅だった。
その後、大蔵省管理局へ転官になり、東京の海軍功績調査部で終戦を迎える。
大蔵省時代は役人向けの小さな新聞の記者も担当しており、はじめてのインタビュー相手が当時映画『善魔』でデビューしたばかりの三國連太郎であった。
この時の縁で小松は三國が原作・脚本・監督を担当した『親鸞 白い道』に僧侶・宇都宮蓮生役で出演している。

関連作品